【東京グルメ】東京に来たら絶対行くべき!高田馬場おすすめグルメ「鷹虎」

スポンサーリンク

高田馬場と聞いて、皆さんが思い浮かべることはなんでしょう。

マイナーな駅なので、東京都にお住まいの方じゃないと聞いたことすらないかもしれません。

東京にお住まいの方でも名前くらいしか・・・という人も多いでしょう。

博識な方だと早稲田大学がある駅だとか、雀荘で有名だとか、そんな回答が返ってくるかもしれません。

そんなマイナー駅、高田馬場ですが、実は有名なことがあります。

ラーメンの聖地 高田馬場

それはラーメン。実は高田馬場は結構なラーメン激戦区なのです。

家系ラーメン、次郎系ラーメン、あっさり系ラーメン等々。

高田馬場の周辺を歩けば様々なラーメン屋が見つかります。

今回は、ラーメン、ではないのですが、私がおすすめのつけ麺屋を紹介したいと思います。

超濃厚魚介系つけ麺、鷹虎

東京では結構有名な麺屋武蔵グループ。

新宿だとか秋葉原だとかにも店舗を抱えています。

鷹虎もその中のひとつです。

 

麺がなくなるくらいの濃厚スープ

この店の特徴はひとつ。

とにかく濃厚。とてつもなく濃厚なんです。

画像を見て貰えればわかりますが、麺をスープに浸すと、スープが麺に絡み付きます。

こんな感じ。この濃厚さがたまらない。

魚介の風味が濃縮された濃厚スープ。割り汁で割っても最高です。

※通常のつけ麺もありますが、オススメは何といっても濃厚つけ麺。

ここに来たらこれ以外はあり得ません。

 

一キロまで無料!お腹に合わせて選べる盛り方

麺の量は並、中、大、特大から好きな量を選ぶことができます。

全部お値段は一緒。大食いの人の方が得しますね。

食券には大盛りまでしか記載されていないのですが、実は特盛も注文できます

その際は「特盛!」と注文するのではなく、グラム数で注文します。

「400g!」とか「500g!」みたいに。

特盛はなんと1kgまで好きな量を選ぶことができます。

大でおおよそ350gだそうなので、考えて選ぶといいですね。

私は最高500gまで食べたことがありますが、死にそうになりました。

二度と500gは注文しません。

男性なら最初は大、女性なら最初は中盛りを選択することをおすすめします。

少食な方はワンランクサイズを落としましょう。思ってるよりは量が多いです。

※多量に食べると味に飽きやすくなりますが、その時は調味料を入れましょう。

個人的にはにんにく(黒い方)がおすすめです。

一番右は香辛料を浸した辛めのオリーブオイル、真ん中が唐辛子です。お好みでどうぞ。

 

濃厚つけ麺は少し高めの890円!

濃厚つけ麺の値段は890円です。

約900円は少し高い・・・。

私が大学一年生の時は850円だったのですが、消費増税等を経て徐々に値段がインフレしてきましたね。

まあそれでも思わずいっちゃうんですが(笑)

ただ、量が半端じゃなく多いので、思いっきり食べたいときにはそこまで高くないかもしれません。

夕方に昼夜一緒に食べちゃうとか。あまりオススメはしませんけど(笑)

肉が乗った濃厚鷹虎つけ麺というものもありますが、それは1160円くらいしちゃうので、お財布に余裕のある方は是非。

画像のせておきますね。

※このチャーシューは肉厚で物凄くおすすめです!出来ればこっちを食べてほしいのが本音(笑)

 

まとめ 鷹虎は少し高いけど一度はいくべし!

 

前述した通り、1食の値段として鷹虎は少しお高いです。

(ラーメン好きの方とかはもっと高いの食べてるかもですが)

ただ、その値段を補えるほどの濃厚で魚介の風味が濃縮された最高のスープに、必ずお腹を満たしてくれる量の麺。

つけ麺好きなら一度は食べておくべきです。

もし何らかの機会で高田馬場に訪れる時は是非食べてみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す