新入行員が徒然なるままに書くブログ

スポンサーリンク

ブログ初心者、しなーのプロフィール

新入行員の徒然草は2017年5月14日に開設した個人ブログです。

普通の社会人とは違う趣味を持ちたくてブログをはじめてみました。

まだ発足したばかりの駆け出しブログで、読者など雀の涙と表現するのも憚られるほどですが、徒然なるままに心の内を綴っていこうと思います。

SNSは人気が出てきたら公開しようかなー。

さらっとした経歴紹介

 

1994年、福島県郡山市生まれ。

高校まで福島で過ごし、東京に憧れて有名私立を受験。

希望を持っての大学受験。しかし悉く夢に破れ、浪人を経ることに。

浪人時代は死ぬほど勉強し、念願の早稲田大学政治経済学部経済学科に入学。

そして現銀行員。

一年目で、雑用やらCSRやらに強制的に参加させられている模様。些か以上に銀行員に辟易中。

地方銀行で銀行マンをやっております。

ブログを始めた理由

社会人というのはとにかく制約が多い。

法律に縛られるのは社会人も学生も赤ちゃんも一緒だけど、それ以上に時間に縛られるのが社会人

朝早く出社して、昼は訳がわからないなか必死に働いて、夜は課題をやって、そして寝る。

そんなことを繰り返した後にやってくるのは憩いの土日。乾いた砂漠(平日)にやってくるオアシス。

でもそれは殆どが会社のCSRだとか資格試験で結構消えてしまう。

(CSR……corporate social responsibility 企業の社会的責任とか訳されるけど、要は金稼いでる対象からの印象をよくするために行っているご機嫌取り。例えば祭りを主催したりとか。行うことで誰がどのくらい喜んでいるのかはよくわからない活動)

時間にはかなり縛られる。

その上、社内ルールにもかなり厳格に縛られる。

例えば、うちの銀行では使う筆記用具の一つすらも手続きで定められていたりします。定める理由もよくわからないのに、定められていたりするのが社会人。

自分が自由になる時間っていうのはとかく少ない!

そんな中で、時間にも場所にも、ルールにも縛られないコンテンツを探して、ブログに行きつきました。

ブログは時間を選びません

夜中に発信しようが、朝に発信しようが、いつかは誰かが読んでくれる。

暇なときに書いて、記事を生み出せばいい。銀行みたいに、16:30までにこれ作らなくちゃ……!っていう強迫観念に襲われることはありません。

また、ブログは場所を選びません

支店からじゃないと手続きが参照できない!なんてことも、支店じゃないと設備がない!なんてことも当然ありません。

スタバだろうが山奥だろうが、パソコン一つ身に着けていれば書けてしまうのです。

最後にルールにも縛られません。

こう書かなきゃ事務事故になるとか、上司が好きな日本語のチョイスをしなければいけないなんてこと、さらさらありません。

むしろ自分が好きな表現を選択しなければいけないレベル。文章を書くのが好きな自分としては最高の環境です。

人生の目標

いつかは自分が好きなことを仕事にしてみたいと思っています。

それがいつになるかわかりません。

自分が好きなことを仕事にするのは難しい。社会人として大成することは想像を絶するほど難しいですが、下手をしたらそれ以上に難しい。

だって仕事は辛いものだから。例え好きなものであっても、仕事にしたら絶対に嫌になる。好きなものでもいずれ嫌いになって、多分やめてしまいたくなると思う。

お寿司が好きだからと言って毎日食べていたら絶対に嫌になるのとまったく一緒。仕事はそんなに甘くない。

でも、それでも僕はいつか自分の好きなことを仕事にしようと思っています。

なぜなら、僕の人生、常に面白いことをしようと、目的が本気で定まっているときのほうが面白かったから。

浪人って世間一般では楽しいことじゃないみたいなんですが、僕は面白かった。

憧れにしていた早稲田大学に何としても入りたいと思っていたから、特に苦も無く一日14時間とか勉強してました。

正確に言うと全く伸びない時期があって辛くはあったけれど、明確な目標があったから楽しかった。

なので、とりあえず面白いことを仕事にできるように、入行一年目で貯金200万円貯めようと思ってます(2012/12/20現在、普通に無理そうw)。

フリーランスとして生きられるよう、一年から二年ぐらいの資金を貯めようと思います!

まだまだ目標は遠いですね(笑)

人気の投稿

  1. 【完全考察】ハチの新曲「砂の惑星」について徹底的に考察・解釈する
  2. 絶対に間違いないと断言できる神レベルのオススメssまとめ!【随時更新】
  3. 【ボカロ】狂おしいほどにカッコいい!ボカロロック曲オススメ15選+α【ボーカロイド】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す