【就活】銀行は就職先としておすすめ?現銀行員が語る銀行就職のメリットデメリット【銀行】

スポンサーリンク

 

ぶっちゃけ地銀はやめとけ君たち。

 

就職活動。それは学生であればほぼすべての人間が体験する欺瞞と虚飾に満ち溢れた活動。

以前にも就職活動に関する記事は書きました。就職活動のノウハウというかなんというかそんな記事です。

【就活】採用率を上げるために就職活動でやっておくべき10のこと

この記事は就職活動を総合的に見て大切ということを書いており、就職活動をするなら間違いなく役に立つ記事ではあります。

しかしながら就活の全体をみて述べているので、具体的な業界とかに焦点を当てて書いたわけではありません。

なので今回は就活の中でも特に人気のある、「銀行」について書いていこうと思います。

銀行の仕事とは

銀行の三大業務は預金、融資、為替です。これが銀行の仕事の肝。

最近では投資信託だの保険だのカードだのと売る商品がかなり多様化していますが、本質はこの三つを行うことが銀行の柱となります。

総合職採用なのか一般職採用なのか特定職採用なのかとかで担当する業務は大幅に変わりますので何とも言えませんが、特定職(窓口業務担当の人)は間違いなく預金をやります。

私は一応総合職ですが、預金をやっております。地銀だと最初から営業の可能性もありますし、融資や為替を担当することもあるのでほんとに何も言えないです。

働いて実際に感じたメリット

1.金銭面の待遇は悪くない

実際、金銭面の待遇はそこまで悪いわけじゃありません。

独身寮とかで生活の補助はしてくれるし、一年目から有給は取れるし、なんだかんだ金払いは悪くない。

うちの銀行は独身寮が平日の朝夜分・光熱費込で月23000円です。入行前は一万円って聞いてたんだけどな。

ただ、一年目~三年目までは給料水準がほとんど上がらないので生活が潤っているかというとそうでもありません。

2.社会的地位は低くない

社会的地位は実際低くありません。

銀行員というだけである程度凄いと言って貰えますし、先輩方に聞く限りやはり合コンなどでモテるそうです。

会社の社長なんかと話す機会もあったりしますし、まぁそれを考えると確かに悪くはないのかな。

3.金融知識は手に入る

金融知識は得られる環境です。

日経平均株価をわからないなんて言ったら本当に鼻で笑われる環境ですし、毎日新聞を読むことはマストです。

なので必然的に勉強せざるを得ず、人にも寄りますが金融の知識は間違いなく手には入ります。

スポンサーリンク


 

働いて実際に感じたデメリット

1.超絶体育会系

銀行はまじで体力勝負です。

上司に連れていかれて朝まで飲んで出勤するなんてことが普通にあります。そして二日酔いで体調悪そうにしていたら怒られます。

飲み会も多いし飲まされるし……。といった具合。

2.上下関係がかなり厳しい

体育会系とも相関するんですが、上下関係が相当厳しいです。

支店長が神で、そこから次第にランクが下がっていって、1~3年目はゴミ扱い的な。

どこの会社でも若手が下なのは当たり前でしょうが、それにしてもかなり厳しめ。

朝支店長が来たら全員で机の前に行って挨拶をします。帰る時も真っ先に支店長の机に行って挨拶。そんな感じです。

朝行った時も新入行員なんかは一人一人の机にまで行って「おはようございます」と挨拶。

入り口で挨拶すりゃいいんじゃねえの……?と思ったことが多々ありました。

3.給料が良いといっても三年目までは雀の涙

給料は悪くないです。うちの支店長とか1800万貰ってるみたいですし。

ただ、私を含め若手のうちは給料が悪い!

現在手取り17くらいです。三年目とかまではほとんど変わらないみたいですね。……きっつうい。

4年目になるのと同時に昇給すれば多少上がるみたいですが、その先輩方からすればそれでも不満とか。

4.休日の予定がガンガン潰れる

休日の予定はマジでガンガンつぶれます

会社のCSR(社会貢献活動)、上司の誘い(ゴルフ等々)で本当に予定はなくなります

しかもそこに休日セミナーだなんだって加わってくるともう大変。この前私は土日が丸々潰れました。本気で泣くかと思いましたね。

スポンサーリンク


5.売る金融商品に全くメリットがない

びっくりするぐらいにありません。

あるとしたら積立預金ぐらいでしょうか。本当にそれぐらいしかメリットがない……。

クレカを私は売っていますが楽天カードのメリットには全くかなわないんですよね……。売りにくいことこの上なし。

あれをバンバン売ってくる人はきっと精神が摩耗した詐欺師なんだろうなと密かに思ってます。

6.無駄に事務量が多い

これ。綴りものってあるじゃないですか。ファイルに綴じるやつ。

あれで2時間は潰れます。毎日。

それ以外にも新規で口座を作る際に微求しなきゃいけない書類はむやみやたらに多いし、そのせいでチェックしなきゃいけない箇所も死ぬほど多いし……。

客が書いたミスを見逃していたりするとほんと酷い。ミスをしたら二重線を引いて訂正印を貰わなきゃいけないんですが、気が付いたのはお客が帰ったあと。

……そんなことになったらどれだけ悲惨かお分かりですよね?

そんなことを毎日やっているのでほんとに骨が折れます。全部タブレットとかにするべきだと思うんだけどね。上の人はどう考えてんだろ。

7.資格試験が多く、勉強を強要される

働く以上勉強はせねばなりませんが、それにしても勉強すること、やることは多いです。

私の銀行では毎日日記みたいなのを書かなきゃならず、それを支店長まで毎朝回してます。

それに加えて資格試験に通信講座とやることは盛りだくさん……。間違いなく勉強することは多いですよー。

まとめ:銀行で働くのは結構デメリットが大きい

いかがでしたでしょうか。

私はまだ入って1年目なのでメリットを感じ切れていないだけかもしれませんが、それにしてもデメリットは結構あるように思えます。

会社に入って働くということは簡単なことではなく、つらいことです。

なのでどの会社に入ってもつらいこと、苦しいことは間違いなくあります。それは銀行に限らずどの分野でもあるでしょう。

今回は銀行のメリットデメリットをまとめてみたので、就活の参考にしていただけたら幸いです。

それでは今回はこれで失礼をば!

関連記事

仕事をやめたい一年目の銀行員が、徒然なるままにおすすめアニメやグルメ、本などを紹介していくサイトです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す