世界情勢やばいけど、今資産運用するのって危ないの?その疑問に答えてみた【銀行員の日経解説その8】

スポンサーリンク

 

 

んなこたぁない。

 

しなー
どうも、しなーです!

 

2018年の年末は、何やら世界が不況っぽいという状態で終わりを告げようとしてます。

ERBも利上げを確定させてますし、トランプも色々やらかして世界情勢は非常に不安定。

そのせいで日経も暴落しちゃったし、日本人の心理も何となく冷えてきた感じがしますね。

さて、そんな「不景気な」話題が流れているまさに今。

資産運用を行うのは危ないのでしょうか?

※以下は銀行で資産運用に携わったものの私見になります。成果を保証するものじゃないのでご注意ください。

日経新聞を読んでみる!

COCORO BOOKS【日経新聞電子版定期購読】

まず:資産運用とは

資産運用とは、自身の持つ資産を貯蓄・投資し、効率的に資産を増やしていくこと

wiki様より引用

もうご存知かもしれませんが、念のため解説を。

資産運用っていうのは簡単に言えば投資です。

自分の持ってる貯蓄を、リターンはあるけど少しリスクのある商品に回すことを資産運用といいます。

では本題:ぶっちゃけそんな危なくはない

結論から言うと、別に今だから危ないとかそんなことはないと思ってます。

なので、資産運用を始めようかなーと思ったなら、周りの意見異流されず普通に始めれば良いと思います。

別に今の状況だからやめた方がいいとか、今だから始めた方がいいとか、そんなことは別にないっすね。

理由①:下がり時は買い時でもある

みんな景気悪くなったりして日経平均とかが下がると、

「うわ!下がった!これ以上損失が出る前に買売らないと!」

って言い始めるんですけど、普通逆ですからね?

下がってる今こそ買い増しする時で、上がってるときは売るべきなんですよ普通。

安く買って高く売るのが商売の常識ですが、投資も一緒です。

でもこと投資になると何故か皆、下がったタイミングで売りたくなって、上がってるときに買っちゃうんですよねー。

これが人間心理の面白い所。

※ただ、仮想通貨みたいに落ちてもう上がらないということがあるのも事実なので、100%間違った思考では無いとだけ付け加えておきます。

理由②:ぶっちゃけいつでも投資(=資産運用)は危ない

「日経平均が安定している!今こそ買い時だ!」

ってなるのも分かるんですけど、投資に安全な時って基本ないですからね。

最近だとトルコのリラとかがその例としてふさわしいかもしれません。

「世界情勢も比較的安定!利率も素晴らしい!リラを買おうぜ!」

ってブロガーが煽りに煽って結局暴落するなんてことがありました。

あれとか投資に安全な時なんてないって言うことの良い証明ですよね。

ブロガーの煽りに乗って買ってた人達、誰も暴落することなんて予測してなかったと思いますよ。

なので別に特段今を特別視する必要も無い訳です。

理由③:分散投資をするつもりならリスクはあまり考えなくていい

ドルコスト平均法っていう考え方があります。

簡単に言うと「毎月一定額を積み立てる!と決めて購入してればそんなに損はしないよね」

という考え方です。つみたてNISAとかが正にこの考えの定番みたいなものです。

これ解説し始めるとめちゃんこ長くなるので詳しく解説はしませんが、長期間にわたって分散して買うつもりならリスクは抑えられます。



ただ、当然投資のやり方を間違えたら危ない

投資する商品を間違えたらそりゃ危ない

今現状はそんな危なくない!みたいなこと言いましたが、

そりゃ投資する商品を間違えちゃったら危ないですよ。

例えば、「一年で売る予定なんだよねー」っていう人がアメリカ関連の株を買いあさりまくるのは流石に危ないっすよね?

なので当然投資の仕方をちゃんと考える必要はあります。

無条件に「現状のリスクはいつもと変わらない!」と言っている訳じゃないので注意してください。

短期売買をしようとしてるならホントに危ない

居ないとは思いますが、

「半年で売買してお金増やす予定なので資産運用しようと思って~www」

なんて考えの方がいるなら悔い改めてください。

実際にアメリカも金融緩和を引き締めようとしてますし、経済は右肩上がりで行かない可能性が高いです。

そんな中、短期(一年未満とか)で資産運用しようとする奴は命知らずですからね。

高く買って安く売ることになりかねないです。

資産運用はロングスパンで見て儲けを出す技なので、そもそも短期でやりくりするものじゃないですからね。

何を当たり前のことを……って思うかもですが、

資産運用し始めるとこの考え方を皆簡単に忘れますから。間違いなく。

でも今、資産運用が危ないと思ってしまうは何故?

でも何となく「今は危ない」っておもい言い始めてるんですよね。

これは何故でしょう。

その理由は大きく分けて 個あります。

理由①:高値掴みをしてしまい損している人が実際に居る

一つ目が実際に損している人が今居るからですね。

ちょっと前って日経も上がってて、非常に市場が良かった訳です。

なので皆結構資産運用に手を出してたんですね。

でも市場が良い時って、株とかが高いってことなんで、高値掴みになっちゃうんですよね。

そして今下がり基調な訳です。

つまり高く買って安く今売ることになってしまっているので、損を出している訳ですよ。

それを目にしてるので、何となく危ないって感覚を抱いてるんだと思います。

理由②:そもそも皆、短期で見て騒ぎすぎ

投資なんて上がるときは上がるけど、下がるときは下がるんです。

なのに皆、ブログとかTwitterでの取れ高を狙って

「今日は○○マイナス!」

「○○円の損失を出してしまいました!」

みたいなことを呟きまくってるので、見てるこっちは不安になるんですよね。

そして不安を刷り込まれ続けると「やべぇ。今って危ないんじゃん」って勘違いしちゃうんですよ。

多分これも今資産運用するのは危ないって思いやすくなっている理由だと思います。



投資をするときは絶対にロングスパンで考えることを徹底するべし

投資信託とかやりながら

「今日はいくらプラスだった!」

「うわーマイナスいくらだ……」

みたいに一喜一憂するのは別にいいんですが、

資産運用をするときは必ずロングスパンで考えることを徹底してください。

これだけは絶対に守ってください。

短期でやったら資産運用なんてそりゃマイナスになる時期何ていくらでもありますから。

じゃないと今回みたいなことがまた数年後に起こった時、同じ不安に駆られ続けなきゃいけなくなる訳です。

ちなみに:投資を始める初心者には‎WealthNaviを使いましょう

ロボアドと呼ばれる、AIが勝手に投資商品を買えて投資してくれる仕組みを搭載したのがこの‎WealthNavi(ウェルスナビ)です。

投資を始めようとする方って、

「何から始めればいいの……?」

「投資信託が良いって聞いたけど、種類があり過ぎてよくわからない……」

「証券口座を開設するの?」

みたいに、わからないことだらけの方が多いです。僕もそうでした。

でもこの‎WealthNavi(ウェルスナビ)は

  • 投資する商品をAIが勝手に選んでくれる!
  • 口座開設などがアプリ上ですべて出来る!
  • 何から始めればいいかを考える必要がない!

という超新設設計な運用方法になっております。

手数料も年間1%程度と安く(銀行でやると2%~3%)、商品の選択などに頭を悩ませる必要はありません。

また、月々一万以上で好きな額を積み立てていくことが出来るので、長期の運用にも最適です!

もし「投資始めたいけど何にするかなー」と悩んでいる方が居れば、‎WealthNaviで資産運用することを是非提案したいとおもいます。

今話題のロボアドバイザー【ウェルスナビ】に10万円課金してみたの巻part1

2018.04.24

今話題のロボアドバイザー【ウェルスナビ】に10万円課金してみたの巻part2

2018.04.29
‎WealthNaviで運用してみる!




まとめ

最近、経済が少々あれているのは事実です。

実際日経平均も20,000円を割り込んだし、アメリカの株価も下がってます。

一方で日経平均株価とかって一時的に下がっても結局はその後持ち直してるのが現状です。

当然、「100%日経平均株価はそのうち上がるよ!」なんてことを断定はできません。

それに、投資する先はしっかり選ばなければいけません。

ですが、ただただ今回の暴落を心配するだけではなく、

「今回の暴落は見方によればチャンスになる可能性もある」

という見方があることだけは覚えておいてください。

日経新聞は月々4200円で読める!

日経新聞はスマホのアプリを使って、月々4200円程で読めます!

4200円と聞くと少々高くは感じますが、飲み会一回我慢すれば簡単に払える額ですし、

何より日経新聞は、今後社会で金持ちになるつもりなら必ず必要な教養の塊です。

将来の自分のために今に払う4200円は、絶対に高くなんてありません!

本に払う自己投資と、新聞に払う自己投資は積極的に行うべきです!

しかも!

このリンクから申し込んでもらえれば何と初月無料で購読することが可能です!

他人に負けない社会人・学生へと自分をステップアップさせるため、もしまだ購読していない人は必ず購入しましょう!

日経新聞を読んでみる!

COCORO BOOKS【日経新聞電子版定期購読】

ニコ&キラ
それでは今回はこの辺りで失礼をば!関連記事も読んでいってね!

 

前回記事

【銀行員の日経解説】日経平均爆下がりだけど、ぶっちゃけ僕らの生活には影響ない件【その7】

2018.12.25

次回記事

まーだー

日経解説まとめ記事

日経解説記事まとめ!今まで書いた日経解説シリーズをまとめてみた!これを読めば簡単に経済知識を付けられるぞ!

2018.12.22
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す