【2018年】Kindle端末のオススメは何?種類が大量にあるKindleの選び方を徹底的に解説してみた【随時更新】

 

しなー
どうも、しなー(@gareimeguri)です!

 

最近は次第に電子書籍が次第に普及してきており、電子書籍を読んでいる人を見かけることも多くなりました。

電子書籍が結構手軽に手に入る世の中になってきたので、Kindleに手を出してみようかなと考えている人もいるんじゃないかと思います。

ただ。Kindle端末って色々種類があるので、どれを選ぶべきなのか迷っている人もいるんじゃないでしょうか?

そこで今回は、

  • どの端末を選ぶべきか
  • 端末ごとの特徴
  • Kindleのメリット

について解説し、端末ごとの違いを紹介することで、

この記事を見ているアナタにとって最適なKindleを見つけるお手伝いをしていこうと思います!

Kindle選びに悩んでいる方、是非一度ご覧ください!

最初に結論:ぶっちゃけ買うなら新型Kindle Paperwhite

最初に結論をぶちまけておくと、

どれを買おうか迷っているならとりあえず新型Kindle Paperwhiteを買っておけばまず間違いありません。

その理由は後々ゆっくりと解説していきますが、簡単に理由をまとめておくと

  • コスパに関しては間違いなく全モデル中最強
  • Oasisにしかなかった防水機能が追加
  • 容量の増加(4GB→8GBor32GB)

が理由として挙げられます。

それでは詳しく見ていきましょう。

Kindle(キンドル)についておさらい

KindleはAmazonが提供する電子書籍サービスのことを差します。

電子書籍といえばKindleといったイメージがあるぐらい圧倒的シェアを誇っており、Kindleで読めない書籍は殆ど無いと言っても過言じゃありません。

僕なんか紙で読む必要がある本以外は基本的にKindleで購入していますね。たまに紙も買うけど。

ちなみにKindleは専用端末を購入しなくても、専用のアプリを利用すれば(※)PC・スマホ・タブレット等の様々な端末で閲覧することができます。

※Android・iPhone・windows・Macの全てにおいて利用可能です。

 Kindle(キンドル)端末のメリットについてもおさらい

①とにかく目が疲れない

メリットの一つは何といってもこれ。

Kindleは本当に目が疲れないんですよ。

KindleはE-Inkという特殊な技術で画面が表示されているので、画面が本物の本のように表示されます。

目が疲れる原因と言われるブルーライトだの強い光だのなんだのが一切使われていないので、本当に目が疲れません。

本物の本を読んでいるのと同程度の目の疲れしか感じないんですよね。

②小さくて非常に軽い

持ち運びがほんっとうに楽です。

サイズとしてはスーツの胸ポケットに入るサイズですし、重さも約200グラムと漫画本一冊ぐらいの重さしかありません。

カバンに入れていても、ポケットに入れていても殆ど存在を感じません。持ち運びには最適なサイズと大きさですね。

③日光の下でも読みやすい

スマホとかって日光下だともの凄く画面が見にくくなると思うんですが、

Kindleは日光下でも全然快適に読むことが可能です。

ホントに画面が本を読んでいる感覚と変わらないので、日光の下の方がむしろ読みやすいくらいです。

④充電が驚くほどに減らない

1ヵ月以上充電してないのにまだ11%残ってる

充電は本当に減らないですね。

僕は2017年の12月からKindle Paperwhiteを使用していますが、殆ど充電した覚えがありません。4・5回したかな?ってぐらい。

1回充電すれば1か月は充電しなくても大丈夫なぐらいの低燃費です。

⑤紙の本には無い機能(ハイライト・辞書機能等)搭載

Kindleはハイライト・辞書検索を利用できます。

僕は利用していませんが、他人がハイライトをした部分なども見ることが出来て、その本を読んでいる他の人がどこに注目しているか?なんかも分かったりします。

個人的に凄い便利だと思う機能が、辞書機能

普通なら国語辞典を引いたりスマホで検索しなければならない単語などを内蔵の辞書で検索することが出来るので、わざわざ辞書を取りに行ったりスマホを見て集中力を切らされることがありません。

⑥紙の本よりも安い

基本的に、Kindle本の方が紙の本よりも安く設定されています。

同額になっていることはありますが、逆は絶対にありません。

しかもKindle本のセールなども度々開催されていて、657円の商品が97円まで値下げになるなどの出血大サービスも多々執り行われているため、全体的に紙の本よりもお得に買い物ができちゃいます。

⑦場所を取らない

六冊あるソロモンの偽証も、Kindleなら軽々持ち運び!

そして何よりKindleは場所を取りません。

見てこれ。ソロモンの偽証を全巻揃えようとすればこれだけ場所を取るけど、

Kindleだったら一個で全巻持ち運ぶことが可能です。

旅先、職場、学校、カフェ。どこにでも何冊でも持っていくことが出来る。

それがKindleなのです。

Kindle(キンドル)の種類は5種類

大前提として、Kindleの種類は5種類存在します。

正確に言うともっとあるんですが、販売停止になったやつとかもあるので、そこは割愛します。

では、詳しく見ていきましょう。

Kindle

最も安くてお手頃価格なKindle。

値段だけでKindleを選ぶならこれ一択でしょう。

しかし、このKindleにはバックライトが付いておらず、解像度も他のKindleに比べて低いです。

要注意!

一番安いKindleには

  • バックライト無し
  • 日本語で読むには解像度が低い

というデメリットが存在します!

Kindleを約1年使ってみて思いますが、やっぱりなんだかんだバックライトがあると便利です。

Kindleは「紙のように読める」ことをコンセプトにしているのでバックライトが無いのも納得ですが、

バックライトの有無で相当に読みやすさは変わってきます

価格面のみで購入を考えるならこれ一択ですが、使いやすさや快適さを少しでも求めるならこの端末はオススメしません。

色は白と黒の二つから選ぶことが出来ます。当然性能は変わりません。

このモデルのポイント
  • Kindleの中で一番安い
  • Kindleの中で一番軽い
  • バックライトは備わっていない
  • 一番画質も荒い

Kindle Paperwhite(第7世代)

僕が愛用しているKindleになります

性能、価格のバランスが取れた非常にコスパの良い一品で、一昔前までは一番人気を誇っていた端末です。

現在は下で説明する新モデルが出ているので買うメリットが少なくなっていますが、それでも優秀な端末であることには間違いがありません。

上で紹介した一番安いKindle端末に

  • バックライトを追加
  • より綺麗な解像度を搭載(167ppi→300ppi)

したモデルで、

一番安いKindleの弱点を全部消去した、非常に優れたモデルになっています。

ちょっと前までは僕が一番オススメする商品ではありました。

が。

新しく販売したモデルの性能がこの第7世代Kindle Paperwhiteを圧倒的に上回っているので、現在は購入するメリットが殆どありません。

このモデルのポイント
  • 現行Paperwhiteの一世代前のモデル
  • 性能・価格のバランスが取れている
  • 高いKindleに比べて特別な機能(防水等)無し
  • 現行Paperwhiteに比べて700円安い

Kindle Paperwhite マンガモデル

上で紹介したKindle Paperwhiteの強化版。

大きな変更点が、

  • 容量が8倍の32GB(マンガなら約700冊、書籍なら数千冊保存できる)
  • 「快速ページターン」でマンガのページめくりが33%スピードアップ
  • 小さい吹き出しや、細かな絵を見たい時は、ピンチ&ズームで簡単に拡大が可能
  • 小さな文字もくっきりキレイ!300ppiの高解像度

の大体四点。

その中でもとりわけ「容量が大きくなった」というのは漫画を読む人にとっては嬉しい所。

ただ、この漫画モデルに関しても最新版のKindle Paperwhiteが登場したせいでほぼほぼ不要の産物になってしまっています。

詳しくは後述いたします。

このモデルのポイント
  • Kindle Paperwhiteと大差は無い
  • 大きな違いは容量の増加(4→32GB)
  • Paperwhiteに比べ多少動作が早いらしい

Kindle Paperwhite(最新型)

ぶっちゃけ最強のKindle。僕がオススメするなら間違いなくこれです。

2018年11月7日にアップグレードされて発売た最新モデル。

前モデルから薄型・軽量化され、さらにIPX 8等級の防水機能が追加され、価格はほぼほぼ変わらずという神アップグレードを果たした端末になります。

特に今まで最高モデルのOasisにしかなかった防水機能が追加されたのは素晴らしい。

防水機能のために3万円をという高額(Oasisの値段)を出す必要がなくなりました。

加えて容量も増加。4GB→8GBに増加し、同時に大容量の32GBのモデルもリリースされています。

「ページめくりボタン(Oasisに搭載)が絶対欲しい!」
「デザインが好きじゃない!」

等のこだわりが無い場合はこれを選んでおけばまず間違いないです。

性能の割に価格がお得過ぎるので、これは買いの一品ですね。

このモデルのポイント
  • 1番人気かつ現在一番売れているモデル
  • コスパに関しては間違いなく全モデル中最強
  • Oasisにしかなかった防水機能が追加
  • 容量の増加(4GB→8GBor32GB)
  • 迷ったらとりあえずこれ買っておけば問題ない

Kindle Oasis ←新モデルが出るらしい

Kindle端末の最上位モデルになります。

kindleシリーズで唯一、ページをスクロールせずにクリックで操作できるページめくりボタンが付いています。

他にもLEDが12個と、5個のPaperwhiteの倍以上の数が搭載され、より明るくなっているようです。

ディスプレイは7インチの物を搭載。

Kindle端末史上最も大きなディスプレイで読書を楽しめます。

IPX8等級の防水機能を備える唯一の端末だったのですが、Kindle Paperwhiteの新型が出たことでそのお株が奪われている状態です。

Paperwhiteとの違いは

  • ディスプレイの明るさ
  • ディスプレイの大きさ
  • ページめくりボタン

ぐらいです。ページめくりボタンは結構評価が高いみたい。

コストより何より「快適な読書」を追い求める人に向いているモデルと言えますね。

ただ、Paperwhiteと比較して2万円高いんですよねぇ。

このモデルのポイント
  • 1番高くて高性能なモデル
  • 防水機能付き
  • 全モデルの中で最も画面が明るい
  • 全モデルの中で最も画面が大きい
  • 容量は新型Paperwhiteと同様(8GB、32GB)
  • 最も快適な読書が出来る一品

購入前に皆が迷う部分について解説

Wifiモデルと3G(4G)モデルはどちらを選ぶべき?

個人的にはwifiモデルを選ぶべきだと思います。

まず初めに、3G(4G)モデルは、

  • Kindle Paperwhite
  • Kindle Oasis

の二つにのみ存在しまして、Wi-Fiに頼らずとも本がDL出来るっていものなんですが、

外でどうしても本をDLしたい!って状況ってまず殆どないですし、

そもそもwifiモデルって、容量が32GBのモデルにしかないから結構高いんですよね。

5000円は少なくとも高いという

加えて容量が大きい本だとWifiで落とす方が早いですし、

私はKindleを使っていて今まで4G等の必要性を感じたことはなかったです。

  • 値段が高い
  • Wifiの方が速い
  • 4Gの必要性を今まで感じたことがない

という観点から、僕はwifiモデルを使うことを強くオススメします。

キャンペーン広告は無しにした方がいいのか

ぶっちゃけキャンペーン広告は無しの方がいいと思います。

広告が出るタイミングは

  • スリーブ解除時
  • ホーム画面下に常時

だそうで、利用者に聞いてみるとスリープ解除時の広告が本当にウザいとか。

ただ、ネックが価格。どのモデルでも広告を消すと2000円値上がりします。

サクサク具合は間違いなく広告無しVerの方が上なので、

快適な読書を求める方は広告無しVer

値段を何より気にする方は広告付きVerを購入しましょう。

個人的には無しのVerがオススメです。

KindleってAmazon以外でも買えるの?

買えるみたいです。

が、僕は少なくとも実店舗でお目にかかったことが無いので、ぶっちゃけAmazonで買う方が楽だと思います。

一応買えるお店が書いてあるページのリンクだけ貼っておきますね。

アナタに合ったKindleの選び方

①予算・用途から端末の種類を選ぶ

まず初めにアナタの予算・用途から一番合いそうな端末を選びます。

アナタは読書を出来る端末を手に取る際、何を一番に優先しますか?

それによってアナタが買うべき端末は大きく変わってきます。

使い勝手よりも何よりも価格が安ければいい!という人

シリーズ中1番安価な「Kindle」がオススメです。

使い勝手も重視しつつ、手軽な価格のものが欲しいという人

新型Kindle Paperwhiteの8GBがオススメです。

こだわりが無いなーという人

新型Kindle Paperwhiteの8GBがオススメです。

高くてもいいから快適な読書がしたいという人

kindle Oasisがオススメです。

②キャンペーン(広告)の有無を選択

キャンペーン(広告)の有無によって値段が2000円程変わってきます。

キャンペーンが出るタイミングは

  • スリーブ解除時
  • ホーム画面下に常時

だそうです。

キャンペーン有のものを使っている人はスリープ解除時の広告が非常に鬱陶しいと言っていたので、個人的には広告無しバージョンをオススメしておきます。

③wifiモデルか3G(4G)モデルかを選ぶ

wifiモデル3G(4G)モデルというものが存在します。

つまりはWi-Fiが無いと通信できないタイプと、単体で通信可能なタイプの2種類があるということです。

これに関してはwifiモデルを買うことを圧倒的にオススメします。

なぜなら、容量が重い本をダウンロードする時、Wi-Fiに繋がなければならない時が出てくるからです。

しかもwifiモデルの方が安いし軽いし、家にWi-Fiがあるなら絶対にwifiモデルをオススメします。

まとめ:結論として買うべきモデルは何?

僕のオススメは、新型Kindle Paperwhite

これ一択ですね。こだわりが無いなら間違い無く満足できます。

プライム会員ならKindleを更にお得に利用可能

 オーナーライブラリで一冊無料!

Kindleを持っているプライム会員だけ、月一冊本が無料で貰えるというサービスがあります。

貰える本はコロコロ変わるのですが、Kindle端末からKindleストアに行ったときのみダウンロードすることが出来ます。

Prime Readingにはない本などもあるので、これは利用せざるを得ないっすね。

結構利用の仕方が分からない人がいるみたいなのでリンク置いておきますね。

 Prime Readingで本読み放題!

Prime Readingの対象となっている本であれば10冊を限度に読み放題になるという神サービスです。

最近は結構いい本も揃っていて、プライム会員になったなら利用しない手はありません。

これは本当に損のないお得過ぎるサービスなので是非プライム会員になって利用しましょう!

 プライム会員に入れば得しかない!

毎月一冊本が無料で読めたり、10冊までなら無料で本が読めたりと、プライム会員とKindleの相性はマジで抜群です。

他にも、

  1. 配送料が無料!
  2. プライムビデオが使えるので、映画・ドラマが見放題!
  3. Prime Musicで音楽が聞き放題に
  4. 本が無料で読めるPrime Readingが使える!
  5. Amazonパントリーで日用品をまとめ買いできる
  6. Amazonプライムデーに参加可能
  7. プライムフォト(クラウドサービス)が使える……らしい
  8. Primeラジオなんてものも使えるらしい
  9. Amazonフレッシュなる生鮮食品が買える仕組みもある

何ていう付属サービスが付いてきます!

月々325円で加入可能ですし、Kindleを持っているなら絶対にお得なのでこの機会に加入しましょう!

合わせて読みたい!

まだAmazonプライムを始めてないの?Amazonプライムがお得な10個の理由を徹底解説する【レビュー】

2018年12月17日

 

好きなだけ本が読み放題のサービス「Kindle Unlimited」

Prime Readingよりも対象作品が広く月額980円でKindleが本読み放題になる、

「Kindle Unlimited」ってサービスもあります。

これは月々一定額を支払えば本が読み放題で読めるというサービスで、Music Unlimited等と同じ仕組みのサービスになりますね。

正直品揃えは微妙の一言で、あんまり加入する意味は無いかなーというのが正直な所。

ただ、1ヵ月間無料で体験出来て、退会時とかにも一切費用は掛からないので、一回試してみてはいかがでしょうか?

一回試してみて微妙そうだったら抜ければいいだけなのでね。

もしかすると合うかもしれないし。下にリンク張っておきまーす。

利用してみる!

Kindleで読めるおすすめの本を紹介

蛇足にはなりますが、私が今まで読んできたKindle本を紹介していきます。

サラッと羅列しますので、欲しいのがあったらぽちってみてください。

幸せをお金で買う5つの授業

メンタリストDaigoさん一押しの本。

お金で買うものは「経験」などの「価値」にしたら方が人生が豊かになるよ!という内容。

サラッと紹介しましたが他にもありますので、これとか参考にしてみてください。

【爆笑】異世界おじさんが最高のギャグマンガだったので、その面白さを解説する【感想】

2019年4月1日

【2018版】マイナーだけど時間を忘れる超絶オススメ漫画集【随時更新】

2018年6月16日

最後のまとめ

今回はKindle端末の特徴を比較してきました。如何でしたでしょうか。

Kindleは本当に読書ライフを劇的に買えてくれる一品で、人生が本当に豊かにしてくれる商品です。

皆さんもこれを参考に自分にあったKindle端末を購入して、優雅な読書ライフを送りましょう!

それではこの辺りで今回の解説を終わりにしようと思います。

ニコ&キラ
それでは今回はこの辺りで失礼をば!関連記事も読んでいってね!

 

関連記事

「Kindle Paperwhite」が読書に最強過ぎてメリットしかないのでレビューしていきたいと思う

2018年12月23日

まだAmazonプライムを始めてないの?Amazonプライムがお得な10個の理由を徹底解説する【レビュー】

2018年12月17日

【本を聴く】耳で読書できるAudibleが素晴らしい商品なので、皆さまに布教したい【Audible】

2018年11月11日

コメントを残す