出会い系で女の子とは本当に出会えるのか。馬鹿な元20歳男子が実際に使ってレビューしてみたpart2【ほぼ実話】

スポンサーリンク

 

しなー
さて、それじゃあ語っていこうか。

 

友人S
え?また始まるの?これ。

 

しなー
そうだけど何か?

 

友人S
そうだけど何か?じゃなくてさ……。正直お腹いっぱいなんだけど。

 

しなー
おいおい、おかわりはまだあるんだぞ。

 

友人S
拷問かよ。

 

しなー
まぁそう言わずに付き合ってくれ。

 

と、いう訳で今回も前回に引き続き、私の出会い系体験談を離していこうと思いますので、是非お付き合いください。

ちなみに前回を読んでいない方はこちらをどうぞ。

 ―――狩りが、始まる。 どうも、しなーです! 皆さん彼女はいますか?彼女。やはり男に生まれた以上、欲しいですよね。可愛い彼女。画面の中から女の子が...

出会えた子②タイラント歩美

 

友人S
だから待て待て

 

しなー
なんだよ。お前は人の話を遮るのが本当に好きだな。

 

友人S
そら遮るだろ。なんだよタイラントって。

 

しなー
タイラントはタイラントだろ。バイオに出てくる。

 

友人S
だからなんでそんな二つ名が付いてるんだって聞いてんだよ。

※タイラントの参考画像

https://matome.naver.jp/odai/2148212730149940101/2148221205100010503

しなー
流石にこんなバケモンでは無かったんだけどさ……ただ……

 

友人S
でたよ「ただ……」。毎回このパターンだな。

 

しなー
120kg級のやつが現れたんだ……。

 

友人S
やべえくっそデブじゃねぇかwww

 

タイラントとの出会いまでの流れ

友人S
とんでもない大物(笑)が釣れたみたいだな。

 

しなー
そうなんだよ。だから仮に彼女のことをタイラントと呼称させていただいた。

 

友人S
確かにそれはタイラント級だわ。120kgってとんでもねぇぞwww

 

しなー
だろう?思わず5度見くらいした僕はたぶん悪くない。

 

友人S
俺も多分見るなそれ。万人が見ると思う。

 

しなー
衝撃にもほどがあったぜあれは。身長僕と同じぐらいある(173cm)し、
横幅は2倍じゃきかなかったな。

 

友人S
化物じゃねぇか。

それで?聞きたくないけど聞いてやるよ。出会い方はどんなだったわけ?

 

しなー
ぶっちゃけあんまり覚えてないんだけどさ。確か向こうからだった気がする。

 

友人S

 

しなー
正直あんま覚えてないんだけどね(笑)多分そうだったと思う。

 

友人S
随分無関心だったんだな。んで?会うまではどんな感じだったわけ?

 

しなー
それがあんまり覚えてないんだよなぁ……確か学生だって話してたからその話を主にしてた気がする。

 

友人S
成程ね。専攻は何?とかっていうつまらない質問ばかりしていたわけだ。

 

しなー
つまらない言うなし。

……アイコンが本人を特定するには役者不足なタイプのやつだったから、少し対応が適当だったんだよ。

 

友人S
風俗嬢の一件で経験値も高まってたしな。

 

しなー
うむ。下手に藪を突いて蛇が出てくるのも嫌だったから少々おざなりにしていたわけです。
そうしたらさ……

 

友人S
そうしたら?

 

しなー
向こうから「ご飯行きませんか?」って誘われたんだよね。

 

友人S
お前からは行かなかったんだ?

 

しなー
だって風俗嬢の洗礼があったからな。警戒もするというものだ。

 

友人S
それもそうか(笑)

スポンサーリンク


 

実際の出会い

友人S
でもお前は結局会うという選択肢を取ってしまったわけだ。

 

友人S
愚かにも、前例があったにもかかわらず。

 

しなー
S。多分人という生き物は過ちを繰り返すからこそ人なんだよ。

 

友人S
ただ性欲に負けただけだろうに。

 

しなー
そうとも言う。

 

友人S
そうとしか言わない。

 

友人S
で、君はあれな訳だ。欲に負けて地雷を踏みに行ってしまったわけだ。

 

しなー
うん。顔をきちんと載せていない子なんてほぼほぼ間違いなく地雷だというのに、僕は何をしていたんだろう。ほんと、何を……

 

友人S
人と話してる最中にいきなり賢者モードに入んなよ。

 

しなー
悪い悪い。
そんで会いたいというのならば会ってやろうと思って、高田馬場駅を指定したわけだよ。

 

友人S
俺らの聖地じゃないか。

 

しなー
残念ながら性地にはならなかったけどね!
はっはっは!

 

友人S
マジで面白いと思って言ってんなら張り倒すぞテメェ。

 

しなー
それで駅前のロータリーで19時くらいに会う約束をしたんだが……。

 

友人S
したんだが?

 

しなー
来たのはデブという概念や思想を体現したかのような女性だったんだ……。

 

友人S
まぁ120kgだもんな。

 

しなー
わかる!?僕はね、スレンダーな女の人が好きなの!細身の子がいいの!

 

しなー
だというのに何だよ!真逆来ちゃったよ!高速道路逆走するみたいなもんだろ!

 

友人S
前回経験から一切学んでないお前の自業自得だけどな。

 

タイラントと二人でムーンウォークへ

友人S
ムーンウォーク使ったのか。知る人ぞ知る店だし、悪くないチョイスだな。

 

※ムーンウォークについてはこちらを参照ください。

 moonwalkと聞いて思い浮かべるのは何でしょう。この名前を聞くと大半の人が思い浮かべるのはマイケル・ジャクソンでしょうね。ほぼ100%彼のことを思い浮かべるに...

 

しなー
本当の所、帰ろうと本気で思ったんだけどさ、予約しちゃってたから仕方なく行ったのよね。

 

友人S
予約してなきゃ帰ってたのか。

 

しなー
うん。欠片も迷うことは無かったはずだ。

 

友人S
でも行ったわけだ。

 

しなー
さっさと切り上げて終わらせようと決意してな。

 

友人S
まぁ妥当な判断だよね。多分俺も同じことするかな。

 

しなー
でもそこで大誤算が起きてさ。

 

友人S
何々?

 

しなー
相手がめちゃくちゃお酒強かったんだよ。

 

 

スポンサーリンク


 

泥酔する私と蟒蛇タイラント

しなー
がっぱがっぱ飲むわけだ。バーなのに。

 

友人S
でもあそこってそんな量を飲めるメニューなくね?

 

しなー
確かにそうなんだけど、違うんだよ。向こうは終始ロックで強い酒を飲み続けやがったんだ。

 

友人S
それは勝てないwww

 

※ロックは大体40度くらい。ビールの8倍ほど。

しなー
一応さ、男としてのプライドがあったから対抗してギムレットとか飲んでたわけよ。

 

友人S
そこ対抗しちゃうんだ。

 

※ギムレット……25度くらいのカクテル。凄くおいしい(小並感)。

しなー
15杯のんだ辺りから何喋ったか覚えてない。

 

友人S
こいつやっぱ馬鹿だわ。

 

しなー
好みの子だったら潰して持ち帰ろうと思っててさ。4時間かけて部屋の隅々まで掃除したのね。

 

友人S
はぁ。

 

しなー
自分が潰されるとは欠片も思ってなかったぜ。

 

友人S
愚かすぎてもはや感動の域に達してきた。

 

しなー
うるせえよ素人童貞が。

 

友人S
黙っとけ。

結末

友人S
それで?お前はその後どうしたわけ?

 

しなー
いや帰ったよね。

 

友人S
だろうとは思ったよ。

 

しなー
ワンチャンとか無かったわ。せっかく風呂まで綺麗にしていたというのに。

 

友人S
お前さ。聞いてるこっちの身になれよ。
普通出会い系の体験談って言ったらワンチャンがあるって思うだろ。

 

しなー
申し訳ないが、そういう経験談を求めるのならば胡散臭い出会い系体験サイトに行ってくれ。溢れてっから。

 

友人S
検索したことがあるから何とも言えねぇ。

 

まとめ

友人S
まとめられんの?何もオチてないし、笑いどころも大して無かったけど。

 

しなー
オチが無いとか言うなよ。図星で何も言えねぇだろ。

 

友人S
そんで?アフィリエイトのために紹介したいサイトはどこですか?

 

しなー
YYC。会ったのここだし。てかアフィリエイト言うなし。




 
 

友人S
つっても会えたの化け物とプロじゃん。詐欺じゃん。

 

しなー
で、でも、あえては居るし……。

 

友人S
世間一般ではそれを会えたとは言わねぇんだよ。

 

しなー
でも一応女性だから……。

 

友人S
東大に行くんだ!
って言って、
東大に来た(物理的に)!
って言ってるのと同じレベルだと分かってる?

 

しなー
いやでもここ経由で付き合った子もいるし、そんな悪いもんじゃないと思うけど……。

 

友人S
分かったから酒飲んでお前はもう寝ろ。お前、疲れてんだよ。

 

しなー
……ウイっす。

 

 

 

 

 

友人S
ったく。聞く方の身にもなれあのバカは。

 

友人S
風俗嬢と120kgって、どんなガチャ引いたらそうなんだよ。

 

友人S
俺も帰って寝るか。

 

友人S
……ん?てかあいつなんか言って……

 

 

 

友人S
……

 

友人S
……

 

友人S
……

 

友人S
いやそっちの話を聞かせろよ。

 

 

 

~完~

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す