今話題のロボアドバイザー【ウェルスナビ】に10万円課金してみたの巻part1

スポンサーリンク

 

ロボアド知ってますかロボアド。

ぶっちゃけ僕も良く知らないんですが、どうやら

課金すると勝手にAIが最適な投資先に投資してくる仕組み

がロボアドらしいです。(間違ってたらごめんなさい)

以前僕のブログではマイナス金利と超低金利時代について解説しました。

 

皆さま、資産運用していますか?現在資産運用の大切さが巷でめちゃくちゃ騒がれているのは皆様ご承知の通りかと思われます。新聞を見ると二言目には「資産運用」だの「...

 

この超低金利の時代、ただ預金にお金を預けていても面白みが全くありません。

と、いう訳で投資をしてみましょう、投資を。

元々私は自分の銀行で投資信託をやってはいたんですが(最近だとつみたてNISAもやらされてる)、自分の銀行に手数料だなんだを払っているのってすごい癪なので、ネットで有名なこいつを始めてみることにします。

今回はウェルスナビの始め方を紹介して、入金したら次回から一か月ごとの運用レポートをご紹介しようと思います

ちなみに積立額は2万円くらいにするつもりです。

ウェルスナビの始め方

~用意するもの~

  1. 運転免許証
  2. 個人番号通知カード
  3. 自分の口座の番号がわかるもの

以上です。

マイナンバーカード(自分の顔写真が入った、個人番号が記載されたカード)を持ってる人は1.2.は不要です。

1.まず質問に答える

 

この無料診断のところをクリックします。

そして診断を始めるをクリックすると

こんな感じの質問が出てきます。

この質問は金融機関が預かり資産(こういう投資商品)を売る上でしなければならない必須の質問なので、仕方ないですが答えてあげましょう。

私もやりましたよこれ……。面倒くさいことこの上なし。

ちなみにこれによって商品の組み合わせが変わるみたいです。

それで全部答えるとこんな感じでシミュレーション結果が出てきます。

着実にお金を積み立てて行けば460万円⇒899万円には結構な確率で達するそう

所詮はシミュレーションなのでその真偽は当然定かじゃないですが、夢はありますよね

内訳はこんな感じにするみたい。

80パーセントが株式っていうのは超積極的に攻めてますね。

2.次にメルアドとパスワードを設定

お次にメアドを登録します。

スマホのでもPCのでもどっちでもいいらしい。

メールアドレスを登録すると次の画面へ。

メールが送られてくるので、そこに記載されてる「認証コード」を入れます

※僕はメアドをそのまま入力して怒られました。

そしてそのままパスワードの設定に。

ここで注意なのが、このパスワードは大文字、小文字、数字をそれぞれ使わなければならないということ。

普段パスワードを簡易なのにして使いまわしている人は特に注意。忘れないようにしましょう。

次に簡単な質問(投資の経験の有無)に答えたら、金融機関を登録します。

色々金融機関は選べるみたいだけど、基本はメガを使ったほうがよさげ

3.本人確認

本人確認を行います。

私は左ので行いました。

気を付けてほしいのが、

運転免許証、マイナンバー共に住所変更が済んでいる必要があるということ。

意外と知られていないのですが、住所変更をするときにはマイナンバーも住所変更の手続きが必要だったりします。

新社会人で住所を移していないなんて人は気を付けてください。

 

口座開設はこの三ステップで終了です。

意外に簡単で拍子抜けするレベルまである。

スポンサーリンク

 

口座開設が済むのは大体二日

口座開設には大体二日かかるようです。案外早いですね。

ウェルスナビにはアプリもあるので、利用しておくのがいいでしょう。

触った感じ、非常に使いやすそうでした。

初期投資に必要な金額は10万円とすこしお高め

実はウェルスナビ、初期投資額が最低十万円と決められています。

なので手持ち資金がほとんどないけど、始めてみたい!という人にはぶっちゃけ向きません

ただ、10万円を入れた後すぐに出金というのはできるみたいなので、給料日のすぐ後とかなら金がなくてもできそう。

投資っていうのは余裕資金でやるものなのでお勧めは一切しないですけどね。

あとは口座開設を待ってお金をぶち込むだけ

口座開設の手続きは済んだので、あとは口座開設を待つだけ。

僕は反社会的勢力じゃないので、口座開設は問題ないでしょう。

とりあえず10万円をぶち込んで、月々1万~2万くらいで積み立てしていこうかなー。

他でも積み立てしてるからあんまりぶち込み過ぎるとキャッシュ無くなるからね(笑)

さて、今回はこの辺りで失礼をば。

口座開設がなったらまた詳しく解説していこうと思います!

※下の画像から口座開設可能です。



 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す