あの神スピーカー『アレクサ(Echo Dot)』が一般販売開始!これは買うしかないぞおまいら!

スポンサーリンク

 

しなー
どうも、しなーです!

 

皆様最近話題になっていた商品である、Amazonの『Echo Dot』を知ってますでしょうか。

もしかしたら「アレクサ」という名前で言ったほうが伝わるかもしれません。

この商品は

「アレクサ。音楽を流して」

だとか

「アレクサ。今日の天気を教えて」

なんていう風に話しかけると、そのお願いを聞いてくれるAI搭載の超絶便利なスピーカーなのです。

対応機器をしっかり用意すれば部屋の電気のオンオフ、電子機器の制御までできるとか

Echo Dotってそもそも何さ

Echo DotはAmazonが発売する「音声だけでリモート操作できるスマートスピーカー」

です。

この音声だけ、というのが素晴らしく優れているところ

考えてみてください。

今まで音楽の再生とか、目覚ましの設定とか、タイマーの設定とか、全部手動でやってませんでした?

選挙の速報はどうやって見てました?ラジオ?テレビ?

いずれにせよ今までって全部手を使ってきましたよね?

でも、これを使えば手を使う必要が一切ないわけです。

布団で寝ながら、「アレクサ、七時になったら教えて」と言えば勝手にタイマーをセットしてくれますし、

パソコンを弄りながら「アレクサ、総裁選がどうなったか教えて」と言えば、スマホを開いて集中力が削がれてしまうことも無い訳です

一切手を使わず、動くことすら無く部屋の中全てを制御できるアイテムが、Echo Dotなのです。

正直ぐうたらが加速しそうな気もしますが、便利さには代えられないよね!

実際の使用例(英語ver)

こちらが使用例になります。

実際にアレクサを持っている友人に使用例を見せてもらいました

かっこよくない!?かっこよくない!?音声で色々操れるのって格好良くない!?

英語なのが特にかっこいいだけかもしれないというのはあるけれども。

この動画を取ったのが実は2017年5月で、その当時は英語のアレクサしかありませんでしたが、今売ってる奴は日本語対応なのでご安心を。

ちなみに

友人「BBCワールドサービスニュースからラジオ流して」

アレクサ「見つかりませんでした」

友人「それじゃあスポティファイから音楽流して」

アレクサ「スポティファイから再生します」

友人「音楽のボリュームを5まで下げて」

といった内容の会話をしております。

スポンサーリンク

 

Echo Dotがあれば多分生活は一変する

この革新的な商品は、我々の生活を一変させてくれるに違いありません。

ラジオを流すのも音楽を流すのも電気を消すのも音声一つ。

こんな便利なことはないでしょう。

AR(拡張現実)という言葉がありますが、これはその一つに近いのではないでしょうか?

機械が音声を通して現実とネットをつなげる。まさにIOTと呼ばれるそれ。

その先駆けになってくれそうです。

一般客にも予約販売開始!4/3以降から販売されるぞ!

今まではインビテーションがあった人のみ購入が許可されていたEcho Dotですが、

 

なんと今回、誰でも購入可能になりました!

 

一番安いモデルで5,980円から。最高モデルだと17,980円になります

スピーカーにこだわる訳でもなければ一番安いモデルでいいんじゃないかな?

しかも今回、期間限定で1500円OFF!!

なんと4480円でアレクサが買えてしまうのです!

これは買うしかないな!

まとめ:Echo買おうぜEcho

 

全てがネットにつながる世界。

ちょっと怖さを感じる人もいるかもしれませんが、非常に面白い世界になってきましたね。

音声一つで全部を制御できるアレクサ。ぜひ皆さんも導入しましょう。

届いたらまたレビューしようと思います!

さて、今回はこのあたりで失礼をば!

関連記事

 どうも、しなーです! 以前当ブログではAmazonEchoのことについて紹介しました(以下アレクサと呼称します)。↑これね。これ。このスマートスピーカー。そし...

(実際の購入レビュー)

 どうも、しなーです! 私はかなりAmazonを使うのですが、時折、「これは使える」ってのが現れます。今回は2018年現在でめちゃくちゃ役に立ってる商品を数点...
 どうも、しなーです! 以前この記事でHUAWEI(ファーウェイ)のMateBook Xについてのレビューを書いたことがあります。 この記事(上)は実物を店頭で...
タブレットといえばiPad。そんな風潮が世間には存在します。確かにiPadは高性能でデザインも優れた一級品です。しかしながらこの世には他にもタブレットは多数存在しま...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す