元早稲田大学生の就活体験記~何故私は就職に失敗し、地銀に来てしまったのか~③

スポンサーリンク

 

しなー
どうも、しなーです。

 

前回はこちらで面接前のES部分について少々詳しく語りました。

どうも、日曜明けで気が滅入っているしなーです。今回は続編を書いていこうと思います。part1はこちら。https://nicokira.com/20170819work/今回は面接などの前のエント...

簡単に内容をまとめると

  • エントリーって何?
  • ESとは何か
  • 私は間違いなくESでは失敗していない

ということを述べています。

そして今回は、私が就職に失敗し、地銀に来てしまった理由の最たるものの一つである、「面接」について詳しく述べていこうと思います。

就職活動における面接

就職活動における面接は、企業に対する自己PRです。

どれだけ自分が使える人間なのか、将来性があるのか、それを30分くらいの短い面接で本気でアピールしていきます。

面接において重要なこと

面接では簡潔に自分のことをまとめる能力が必要です。

面接時間は限られており、その中で自分の利点を人に伝えるというのは非常に難しいものです。

なのであらかじめ自分の強味、弱み、得意なこと等々を短く、尚且つ的確に伝えられるように短くまとめておかなければなりません

これが結構難しい。ただテンプレを用意しておくだけだと変則的な質問に答えられないので、臨機応変に回答を変えられるような雛型を作る必要があるんですよね……。

スポンサーリンク


就職活動の面接において自分に足りていなかった部分

堂々とした受け答え

まずはこれだと思います。

堂々とした受け答えが正直に言って出来ていなかったです。

最近気が付いたことですが、私は自分が自信を持っていない部分に関しては全く強気に出れない人間です

自信を持っている分野に関しては自信満々に行けますが、そうでない分野だと結構チキります。

面接でしゃべることはこの「そうでない分野」に100%該当するため、正直面接のときはチキってました。

正直に言うのはかなり恥ずかしいですが、堂々とした就活生だとは思われていなかったと思います。

②ゆったりとした話し方

①で話したこととも相関しますが、ゆったりと話すことができていなかったと思います

話している内容に自信がないので、自然と早口になっていたわけですね。

元々早口な気質な上、自信がないことを話していたため、恐らく相当度胸がなく弱っちい男に見えていたのではないかと思います。

面接において、度胸があると思われるかそうでないかは結構重要です。度胸がない奴を取る理由は一切ないわけですからね。

余裕がない、話している内容も微妙な奴と、話している内容は微妙だけど余裕に満ち溢れている人間がいたら、どっちをとるか?って話です

③TOEICなどの資格

資格って「取ってても意味ないよwww」とか宣う阿呆が結構いますが、

なんだかんだめちゃくちゃ重要だと私は考えます。

格を取って「それが今後どう活きていくか」をしっかりと話せれば、その資格は自分の力にしかならないわけで、資格は決して自分を裏切りません

特にTOEIC等の資格は、あって損することが欠片もありません

それは何故かというと、

資格というのはそのまま自分が頑張ってきたことにつながるんですね

何を頑張ってきましたか?と言われたときに、

「毎日一歩一歩TOEICを勉強して、800点を取得しました!」

と答えられて「あーこいつがんばってねぇなぁ」と思う面接官は一人もいないと思います。

それに、人事担当が人を選ぶときに、無資格と資格あるやつのどちらを選びますか?という話です。

詳しくは【就活】採用率を上げるために就職活動でやっておくべき10のことをどうぞ。

スポンサーリンク


④学生時代頑張ったことの内容

これも足りてなかったんだろうなぁ。

三大学生時代頑張ったこととして「アルバイト」「ゼミ」「サークル」があります。

私も例にもれず「アルバイト」を頑張ったこととして提示していました。

個人的には非常に面白い内容に仕立てたとは思っているんですが、相手にとってはありふれたものだったのでしょうね。

⑤企業研究と逆質問

これは圧倒的に足りてなかった。

就活するときはその企業の中期経営計画、社是、財務分析等々を徹底して行う必要があります

また同時に新聞でその企業の記事をしっかり追っていくことが大事で、そこから「逆質問」なるものを生んでいきます

逆質問は「なにか質問はありますか?」と面接官が聞いてきたときにこちらがする質問のことです

この逆質問って結構難物で、本当に自分が知りたいと思っているような質問で且つ一般常識として聞いてもおかしくないようなものを考え出さなければならないわけです

これが非常に難しい。この質問をするためには企業を徹底的に分析し、尚且つ興味をもって研究しなければならないわけです。

私はこれができず、なあなあな質問をしたことが結構あります。

そしてそういった「なあなあな質問」をした企業は例外なく落ちています。

逆質問は本当に自分をアピールできる機会です。そこを完全に不意にしたのは本当に痛いと思いますね。

私には色々足りていなかった。……でも本当に足りていなかったのは

今回は面接について語ってみました。

まとめに関しては元早稲田大学生の就活体験記~何故私は就職に失敗し、地銀に来てしまったのか~総集編に続けたいと思います。

 どうも、しなーです。今回は早稲田大学生であり、一般的に就職活動で失敗なんてしないよね?と思われているエリート組なはずの私が、就職に失敗した理由を語るま...

 

早稲田大生の就活体験記シリーズ

元早稲田大学生の就活体験記~何故私は就活に失敗し、地銀に来てしまったのか~①

元早稲田大学生の就活体験記~何故私は就職に失敗し、地銀に来てしまったのか~②

元早稲田大学生の就活体験記~何故私は就職に失敗し、地銀に来てしまったのか~③

元早稲田大学生の就活体験記~何故私は就職に失敗し、地銀に来てしまったのか~総集編

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す