【悪魔のガジェット】「Kindle Paperwhite」が読書に最強過ぎてメリットしかないのでレビューしていきたいと思う

スポンサーリンク

 

 

 

 

Kindle、これは悪魔のガジェットですわぁ……。

 

 

 

しなー
どうも、しなーです。

 

皆さん普段読書しますか、読書。

僕はそこまでするほうじゃないんですけど、新幹線とかに乗る前とか、何かしら時間が空いた際には本屋に寄って本を調達するタイプの人間です。

なので結構カバンが重くなってしまってるなぁということが多いのですが、それを解消すべく、この度Kindleなる電子書籍に手を出すことにしてみました。

記事にするぐらいには前から気になってたしね。

 

めでたく初ボーナスも出たので、Amazonでぽちってみたのですが……

 

Kindle Paperwhite、神デバイスっすわ。

 

これ凄い!最近触ったガジェットの中でもトップクラスの感動!本当にいい買い物をした!

というわけで今回はその良さを皆さまに布教すべくこの記事を書いていこうと思います。

そもそもKindleとはなんぞや

Kindleとは、Amazonが出している電子書籍を読める端末になります。

具体的にはこれです。これ。

これね、ホント凄いの。

何がすごいって、

本当に画面が紙と同じような質感なんすよ。

実際に使用してみたんだけど、マジで紙と同じ

写真だとわからないかもしれないけど、本当に紙で出来てるみたいです。

ホントに本を読んでいるみたいな質感です。

残念なのは写真じゃそれが一切伝わらないところ。

これに関しては本当に一度手に取ってみてみてほしい。マジで驚愕しますよ。

待機中はこの画面(他にもあるけど)になるんですが、この画像もまるで紙をデバイスに埋め込んだのかと錯覚するぐらいには紙みたいな感じです。

ちなみにこの画面だと電力消費はほぼゼロらしいです

科学の力ってスゲー!

直射日光下でも問題なく利用可能。というより普通に見やすい

そしてこの端末は直射日光下でも読めるというのがポイント

タブレットとかスマホって、外だと画面が非常に見づらくないっすか?

見にくいから画面光度を上げて、そのせいでスマホがめっちゃ熱くなる!みたいなこと良くありません?

でも紙の本とか資料って別にそうじゃないですよね?

これの端末は本当に紙と感じなので、直射日光下でも全然普通に読むことが可能です

というより日光があったほうがむしろ見やすいですね。

スマホとかタブレットとは真逆です。

バックライトが付いてるので、暗いところでも読める

スマホが苦手とするお外でも快適に読めますが、逆に暗い所でもkindleは読むことが出来ます。

Kindle Paperwhiteっていう種類と、それより高いKindle君たちにはバックライトが付いてるので、

ニコ
少し画面が暗いなー。

 

って時には画面光度をちょちょちょいと弄ってあげれば画面を明るくすることが出来ちゃいます。

簡単に言えば、暗闇で本を懐中電灯で照らしながら読めるみたいなものですね。

Kindle Paperwhite 実物を開封

早速ですが、銀行員のやっすいボーナスはたいて買ったこいつを開封していこうと思います。

本体はこんなもの。Amazon特有の無駄にデカい段ボールに詰める方式がここでも採用されてます。

結構箱はオシャンティ。最近はアップルのおかげで箱の美麗さにこだわる所が増えてますね。

中身は

  • 充電ケーブル
  • Kindle Paperwhite端末
  • 説明書2冊

でした。

アダプター(充電ケーブルを差すやつ)は付属してません。

スポンサーリンク


使用しているカバー

僕が使用しているのはこれ。

作りも悪くないし、デザインも触り心地もいい感じ!

ただ、なんか知らんけどamazonの評価が微妙でした。でもこの評価は信じなくていいと思う。いや普通にめっちゃいいよこれ。

作りもしっかりしてるし、自動でスリープ、起動してくれるし。 使ってて不満ないです。

実際の重さ、スペック等々

内蔵ライト あり-LED 4個使用
解像度 300 ppi
バッテリー 結構使っても数週間持つ
接続 Wi-Fiまたは3G
重量 205g or 217g
サイズ 169 x 117 x 9.1 mm
ディスプレイサイズ 6インチ
ストレージ 4 GB

大体こんな感じ。

ライトと解像度

ライトは標準装備で、24段階で明るさ調整ができます

解像度に関しては問題なし。凄い綺麗です。

バッテリーの持ち

使ってみた感じ、充電の持ちは気にしなくてよさそうめちゃくちゃ持ちますね

1週間全く充電せずに使ってても、2割消費ぐらいの感じかな。

結構読書をする人でも、週一回充電すれば間違いなく電池切れに悩まされることは無いと断言できます

重量とサイズ

サイズは手が大きい人の手のひらに収まるぐらいで、重さはスマホ2個分あるか無いかぐらい

男性ならスーツの内ポケットに普通に入るサイズっていえば理解しやすそう。スーツに入ってたらまぁ少し重いかな?くらい。

そんな重くもなく、大きくもないので持ち運びには苦労しないサイズ感と重さになります。

ストレージ

ストレージは4GBです。ちょっと少ないですね。

ただ、容量重めの本10冊ぐらいで300MBとかなので、100冊以上同時に端末に入れておきたい!って人でもない限りは普通に容量が余ると思います

※漫画とか入れると別かもしれない。

スポンサーリンク


wifiモデルと3G付きモデルの違い

Kindle Paperwhiteには「wifiのみの端末」と、「wifiと3gをどっちも使えるタイプの端末」があります。

wifiのみはwifiが無ければ通信できず、3gモデルはwifiが無くても端末一つで携帯みたいに通信ができます(通信料はamazon持ち)。

オススメはwifiモデル。

3g付きでいつでも本をダウンロードできるのはいいんだけど(通信料かからないし)、容量の大きい本だと結局wifiにつなぐことになるので、3Gのメリットが活かしきれないことがあります

価格も3G付きの方が高く、重さも上なので、私はwifiモデルをオススメしますね。

キャンペーン情報の有無

キャンペーン情報っていうのは、言い方を変えていますがつまりは広告の有無

スマホアプリで無料の奴だと良く広告が発生しますよね?そして課金して有料版にすれば広告が消えるという体験をしたことが無いでしょうか?

Kindleでもそれは同じです。購入時に多少課金して広告を無くすか無くさないかを選択することができます

読書中は出てこないのですが、ホーム画面に帰ると広告が出てくるのだとか。

個人的には広告が入るとうざいのでキャンペーン情報無しを選択しました

ただ、当然ながら広告ありのほうが安いので、金を節約したいのなら考えてもいいかもしれません。

 漫画モデルなるKindleも存在する

漫画モデルというものも存在します。違いとしては

  • マンガモデルは容量が32GB。通常の8倍
  • 通常モデルは14280円、マンガモデルは16280円(どっちもキャンペーン情報付き)
  • マンガモデルには3G回線付きが存在しない
  • レスポンスが多少早いらしい※1

※1……アップデートで通常のKindleでも同様の速度になったとかならないとか。

といった所。

でも個人的には漫画を読むならスマホとかタブレットのアプリ版Kindleをオススメするので、マンガモデルを買うメリットはない気がする。

Kindle Paperwhiteを実際に使ってみて感じたメリット

紙みたいなので本当に目が疲れない

これは本当に大きい。タブレットやスマホで読み物するのもいいんだけど、どうしても目が疲れてきますよね。

その点、このKindle Paperwhiteは超優れもの。普通の本を読んでいるのと同程度の疲れ具合です

太陽光の下で普通に読める

個人的にいいのがこれ。

タブレットとかスマホを太陽光下で読もうとすると、画面の明るさをマックスとかにする必要ありますよね?

それだと電池食うわ端末が熱くなるわでいいことなしですが、

この端末は紙と全く同じ感覚で読めるので、太陽光があっても全く問題がありません。むしろ読みやすいという。

薄くて軽いから持ち運びがしやすい

さっきも少し語りましたが、スーツの内ポケットに入る大きさです。

なのでさらっと持ち運べますし、持っていてもそんな苦になる重さじゃありません

加えて片手持ちが余裕なのでベッドで寝ころびながら読む事も可能。何度読みながら寝落ちしたことか。

バッテリーの持ちがいい

かなり持ちはいいです。

1日フル稼働してて電池切れになることはまずないと思います。

タブレットとかスマホとは別次元の電池の持ちなので、バッテリーに関しては心配する必要皆無です。

スポンサーリンク


Kindle Paperwhiteのデメリット

動作が結構もっさりしている

慣れれば全く問題はないですが、結構動作はもっさりしています。

電子ペーパーを使っている関係上仕方ないのですが、タブレットみたいにきびきび動くわけではありませんので注意。

ちなみに、慣れると逆にそこにKindleらしさを感じて愛着がわきます。

マンガ等を読むには適さない

マンガを読むならタブレットを使った方がいいと思います。

濃淡を表示できるので漫画も表現できるのですが、動作は少しもっさりしていますし、漫画を読むにはちょっと画面が小さいかな。

図やグラフ当がある奴も見にくいですね。そこらはまだまだタブレットには敵わない所。

通常タイプだとストレージが足りなくなる可能性がある

私には全く問題のないデメリットではあるんですが、人によっては容量が足りなくなる可能性があります

4GBしかないですからね。とはいえ小説なら軽く100冊とかは入るので、そんなに気にしなくてもいいと思います。私は正直困ってはいません。

困っている人は是非漫画版だとか、上位版のKindleを買うことをオススメします。

画面が白黒(カラー表示はない)

「や、漫画よめんだからカラーかと思った!」なんて人はいないとは思いますが、画面は白黒です。

もしカラーで読みたいならタブレット買いましょう。オススメはこちら。

HUAWEI(ファーウェイ)というブランドを聞いたことはあるでしょうか。台湾のメーカーで、日本メーカーとかに比べて格安でスマホとかタブレットとかを販売している会社で...

画面のライトの操作が面倒

画面にはLEDライトが付いているのですが、操作が結構面倒です。

上位版のKindleだとそれが改善されてるみたいです。自動調節機能でやってくれるとか。

選べるカラーは2色。タイプは5種類

Kindleには色が白と黒2つあります。

また、タイプは5種類あり、それぞれ

  • Kindle
  • Kindle Paperwhite
  • Kindle Paperwhite マンガモデル
  • Kindle Voyage
  • Kindle Oasis

です。正直Kindle Paperwhiteより上のモデルは贅沢品の域に入ってます。なので買うにしてもKindle Paperwhiteがちょうどいいのではないかと。

「バックライトとかいらないなー。画面も多少粗くていいや」って人はKindle(一番安いモデル)一択ですね。

amazonプライムに加入すれば最大4000円引きで入手可能

amazonを通してこの商品は購入するわけですが、amazonプライムなるサービスがあります。

これに関しては他にわかりやすくまとめている方々が大量に居るので譲りますが、簡単に言うと

amazonの送料が無料になって、映画もタダで見れて、尚且つ本も無料で読めるという神サービス

です。年間高々3900円で加入できるので入っておきましょう。

しかもこのサービスに加入していればKindleが割引を受けられます!なんてお得な!

4000円割引ですよ4000円!これは買うなら入るしかねぇな!

※下の画像をクリックで会員登録画面に行けるようになっています。

まとめ:Kindle Paperwhiteは超絶良デバイスなので皆ぜひ買おう!

ちょっと値段は高めですが、持ち運びも何もかも非常に便利なこの一品。

読書好きで、でも持ち運べる本は限られているし……なんて悩みを持っていたのならば間違いなくこの商品は貴方の心を満たすことでしょう。

電子書籍は知っているけど、体験したことないなーなんて人は是非この機会に試してみましょう!

私はKindle Paperwhiteを買って非常に満足してます。読書ライフが凄いはかどるようになりました。

さて、今回のレビューいかがでしたでしょうか。

マジで今まで紹介してきた商品の中でも最高にオススメできる一品なので、ほんとに試してみてください。世界変わりますよ。

それでは今回はこのあたりで失礼をば!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す