アホガール1話を視聴してみたんだけど、タイトルに欠片も恥じないアホさだった……

スポンサーリンク

阿呆(あほう、あほ)とは、日本語で愚かであることを指摘する罵倒語、侮蔑語俗語近畿地方を中心とした地域でみられる表現で、関東地方などの「馬鹿」、愛知県などの「タワケ」、石川県などの「ダラ」に相当する。また、成績がとても悪いという意味もある

wikipediaより引用

どうも、しなーです。

今期の期待枠として名高いアホガール、友人にオススメされたのでつい見てしまいましたよ。

……いやあ予想以上にアホでしたね。久々に腹抱えて笑いました。

異世界はなんとやらというクソアニメ枠がある中、Fateだのアホガールだので今期は豊作そうですね。

さて、という訳で今回はアホガールを見たのでかるーく内容について触れていこうかと思います。

アホガールとは

とてつもなく頓珍漢なヒロインの女子高生花畑よしこが、主人公である幼馴染の少年をはじめとする周囲の人物をトラブルに巻き込んでは主人公に突っ込みを受ける、もしくは(鉄拳)制裁されるといったものが通例となる痛快で残念な四コマギャグ漫画である。基本1回当たりにつき11本掲載されるが、「その107」や単行本の書き下ろしマンガなどのように四コマ漫画の形式を取らない場合もある。
基本的にはテンションの高いスラップスティックで大雑把なコメディが描かれている。

wikipediaより引用

要するに超絶阿呆な美少女がバカをやって主人公に突っ込まれる物語です。

TOKYO MX・BS11ほかにて15分枠で放送中らしいので是非見てみましょう。

主な登場人物

花畑 よしこ (CV: 悠木碧)

本作のメイン。アホガール。汚すぎるまどか。

悠木碧がCVとか、こんなの絶対おかしいよ……。

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

阿久津 明(通称あっくん。CV:杉田智和)

本作の突っ込み役。杉田。

まともな方の人間だけど、結構ナチュラルに屑だったりする。

お兄様とISの一夏を足して二で割ったみたいな顔してる。

隅野 さやか  (CV:原田彩楓)

天使。超かわいい。

緩和剤的な役割らしい。そしておっぱいはちっちゃい。

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

風紀委員長 (CV:上坂すみれ)

Gカップ。おっぱい。良子が原因で主人公に惚れてる。CVが上坂すみれというところにセンスを感じる。

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

第1話の軽ーい感想

本当なら詳細に画像貼って、実況みたいに感想を述べようとしたんですが、

あまりに突っ込み所が多すぎて辞めました。気になる方は自分で見よう。12分くらいだから。

まずね、OPがangelaの時点で笑うよね。

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

なんでこんな歌うたってんのangela(笑)

これ聞いてるとシャングリラに似てるなーなんて思う部分があるんですが、やっぱり同じ考えのやつが多いらしく、こんなMADが登場してました。

ちなみにこのMADのせいで本家を聞くと違和感を感じるようになってしまった。

シャングリラとの相性良すぎて笑う。むしろこのMADが本家なレベル。

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

バナナは夜食。パワーワード、ここに爆誕。

この子、美少女ではあるんだけどなwww

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

なんかこの表情、クオリディアコードの姫っぽい。中の人が一緒だからそう感じるのかもしれないけどwww

よく漫画とかだと「行動はアホだけど勉強はクソできる」みたいな設定はよくありますが、

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

こいつは正真正銘のバカです。0点をマークシートでとる確率ってとんでもないというのに。

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

黄色チャートで勉強している主人公はなかなかに成績がいい。

東大を目指しているそうですが、それなら青チャートやれよと受験ガチ勢だった私は思ってしまったり思わなかったり。

ちなみに主人公は上条やセロリと同じく、男女平等パンチの使い手です。

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

これはヒロインがしてはいけない類の顔ですね。

とりあえずこの場面の流れは

テスト0点!やべーぜ!⇒こんなじゃ生きていけないからお嫁に貰ってくれない(チラッチラッ)⇒男女平等パンチ

という流れ。あまりに突っ込みどころが多すぎて簡略化したから語弊は多少あるけど、全く間違ってはいない。

一話ではほかにも

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

バナナのおいしさに涙を流してみたり

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

天使に出合ってみたり

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

バックドロップを食らってみたり

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

主人公が比企谷八幡なみの電話帳を持っていたり

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

エロ本に自分の画像を貼るも

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

文字通り足蹴にされたりします。

そのエロ本が風紀委員に見つかって

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

風紀委員長のおっぱいこそ風紀の乱れだ!と主張し

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

風紀委員長のおっぱいを10円で揉んでみたりと色々突っ込みどころしかない

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

あばれるよし子に再度炸裂する男女平等パンチ。ギャグの世界じゃなければ間違いなく顔面の形変わってます

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

そしてさり気なく風紀委員長フラグを立てている主人公。けしからん!と怒鳴りつけたいところですが、それよりも気になることが有りすぎてこんな些細なことにかまっている暇はありません。

気になることとはこちら。

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

ふ、増える???

最後にとんでもない爆弾が残されてました。正直主人公のフラグとかどうでもいいレベル。

よし子だけでもお腹がいっぱいだというのに、まだ増えんのかよw

もうバイキングを堪能した後だというのに、次はビュッフェがくるらしい。

ここまで次回予告が不吉であった作品を私はほとんど知らない。

短いけどまとめ

(C)ヒロユキ・講談社/アホガール製作委員会

なんかね、友達がアホガール書いたらいいんじゃね?的なこと行ってたから書いてみたんだけど、とんでもないなこの作品www

二話以降はamazonプライムで配信されるのを楽しみにするとしよう。

一言でいうとこの作品はぶっ飛んでます。当然いい意味ですが。

退屈を紛らわせるには非常にいい作品ですので、時間があればちょろっと見てみたらいいと思います。

ニコ動で一話は無料配信してますね。

二話以降配信しろよドワンゴ……。ケチクソだな……。

さて、今回は簡単ですがアホガールの一話をまとめてみました。非常に面白い作品だったので見てみるといいと思います。

それでは今日はこの辺りで失礼をば!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す